「ほっ」と。キャンペーン
*
Top
カテゴリ: france( 8 )
シャンボール城
f0119701_651535.jpg


Chambord France

何kmもの森を抜け シャンボール城が 姿を現す。
[PR]
by hudousek | 2007-05-30 06:56 | france
螺旋
f0119701_23211926.jpg

Blois France

ブロワ城 フランソワⅠ世棟
外壁が取払われ 見事な装飾彫刻が施された螺旋階段

f0119701_23430100.jpg

[PR]
by hudousek | 2007-05-28 23:24 | france
シュノンソー城
f0119701_23591191.jpg


Chenonceau France

ブロワから川沿いに下りシュノンソ—へ
ロワールの大河に 青い空 白い雲 緑の林が 永遠と映っていた。
広がる葡萄畑や向日葵畑。
辿り着いた小さな田舎町の中に シュノンソー城は静かに佇んでいた。
女性的なイメージの優美な城。
庭にはピンク色の薔薇が咲き乱れていた。
[PR]
by hudousek | 2007-05-26 00:27 | france
f0119701_212353.jpg

Blois France
[PR]
by hudousek | 2007-05-11 21:03 | france
シャンティー競馬場
f0119701_21134639.jpg

Chantilly France

森の中を歩いていると鳥の声が聞こえる。
小道に入って暫く行くと芝生が広がり始めそのままレース場につながっていた。
シャンティー競馬場は本当に森の中にあった。

馬が走る芝生をまさか自分の足で歩けるなんて。
入っても大丈夫かな?というドキドキと
感動のドキドキが相俟って 思わず駆け出す。
進んで来た分だけ 振り返れば只広い芝生と森が広がる。
競馬場の真ん中で 鐘の鳴る音が響き渡る。
フェンスを飛び越えてスタンドの上迄駆け登り コースを一望。
コースから 優麗な姿のシャンティー城 がくっきり見える。
回りは森。理想の競馬場かもしれないと思った。

シャンティー城、コンデ美術館に向かう。
凝った小部屋と入組んだ造りが面白い。
フォンテーヌブローや多くのロワール古城のように直線的な造りではなく。

帰り道、また同じ森を抜ける。
木漏れ日が綺麗で、水の流れ落ちる音の様に
木々の葉が擦れ合って音を立てていた。

どうして靴の写真を撮ったかというと
深い芝を走る衝撃に耐えられなかったのか靴底が離れた記念に。。



f0119701_2114659.jpg

こちらはパリの西 ブローニュの森の中にある ロンシャン競馬場。
[PR]
by hudousek | 2007-04-27 12:00 | france
海に浮かぶ教会
f0119701_727568.jpg


パリから1泊分の荷物を持って向かった モンサンミッシェル。

城壁の中も見事で、石畳の坂道、起伏のある入り組んだ街並
ひと一人がやっと通れる狭い階段、たくさんの抜道。。
教会への辿りつき方が何百もあるだろう。

夜、星空を眺めながら教会に向い、零時過ぎ迄教会の中で過ごす。
キリスト教に改宗しようかと純粋に思える何かを、建物をとおして肌で感じる。
教会建築に込められた古人の思いが、今も生きているのだろう。
そして、行きついた所は、西洋の驚異と呼ばれる庭。
ここにホントに自分が存在しているのか
ということさえ疑問に感じる 不思議な空気に満ちていた。

翌朝、この要塞は 不透明な翡翠色の海に浮かんでいた。
[PR]
by hudousek | 2007-04-23 23:27 | france
聖なる十字架
f0119701_6451367.jpg

大聖堂の塔に登る。
[PR]
by hudousek | 2007-03-02 06:44 | france
Chartres Blue
f0119701_21413448.jpg

Chartres

二度と造り出す事が出来ないとされる深い青のステンドグラス
Chartres Blue を見にシャルトル大聖堂へ。

写真にいくらとっても
今、見てるもの以上に
美しいものは 残せないだろう

文章をいくら綴っても
今、感じている事以上に
この心に染み込む光を
表現する事は出来ないだろう
[PR]
by hudousek | 2007-03-01 21:42 | france