「ほっ」と。キャンペーン
*
Top
タグ:musique ( 32 ) タグの人気記事
Bjork  Volta Tour
Bjork  Volta Tour
Feb. 25,2008 Osaka Castle Hall 


この時、目の前でね、Bjorkが、歌って踊ってたんです。
私にとっては奇跡。


今年はいつにも増して
感動涙腺緩みっぱなしの 嬉しい出来事が多い。

今迄何年もかけて何千回と聴いて来た曲達の
はじめてのアレンジを 次々怒濤の様に聴けてしまうんです。
震え続けてました。

効果的に美しくチェンバロと管楽器を用いて「All Is Full Of Love」
オペラハウスツアーを連想させる
ヴォーカルとチェンバロのみの「Vökuró」
「Pagan Poetry」 の核心部 繰り返される声だけの
I love him I love him I love him I love him・・・・
tenori-onという新しい楽器で演奏される
まさか聞けると思ってなかった最愛の「Who Is It」では号泣。
マークベルが操るreactableが大活躍の
「Hyperballad〜LFO "Freak"」「Pluto」では
不覚にも踊らされてしまいました。
アンコール
管楽器隊に取り囲まれて歌い上げる「Oceania」は圧巻
「Declare Independence」で起きた大コール&レスポンス。。
ホント...素晴らしかった。

黒鍵と白鍵が逆のチェンバロからreactableにぶっ飛んで
何の違和感もないどころか
狂いそうな感動をくれるbjork。
このアーティストと同じ時代に生きれた事を
この日程感謝した事はないです。

どの曲を歌ってくれるのか全く予測がつかないので
次の曲が始まった時の興奮と感動はただ事ではなく。
思い入れの強い曲だと泣いちゃいますね。。
「Unravel」会場で泣きながら一緒に歌ったと思うんだけど?記憶違い?

1曲終わる度に早口で「アリガトッ」だったり丁寧に「ありがとう」だったり
色んな言い方で日本語のありがとうを言ってくれるの。
巻き舌「リ」の「アルィ〜♪ガト」が可愛くて忘れられない。

ビョークのワンマンコンサートに(しかも大阪で!)行ける日が来るなんて
夢の夢にも思ってませんでした。
雪世界に埋もれながらも
コンサートチケットはちゃっかり取ってたの。
当日は 山帰り衣装で 美瑛から直行。

クラシックか楽器のコンサート以外 行った事が無かったので
Bjorkでデビューです。
そして多分 Bjorkで最後だと思います。

More
[PR]
by hudousek | 2008-03-01 00:45
  EVANGELION:1.0 YOU ARE(NOT)ALONE 鷺巣詩郎



Shiro SAGISU Music from“EVANGELION:1.0 YOU ARE(NOT)ALONE”


劇場で映像と共に 見ながら聞いた時よりも
音だけを聴いた方が 数段素晴らしさを実感出来ます。

過去作品時より 低音はずっしりと重厚さが増し 全体は抜けるような透明感溢れる響き。
同じ曲が 聴き入ってしまうくらい 進化洗練されています。
オーケストラ ピアノ ちょっぴりギター そして今回から コーラスも、、、

ちょっとした瞬間瞬間に
(その一瞬の積み重ねで1曲丸ごと ひいては アルバム全体に及ぶのですが)
前作より 音 が増えているように感じます。
それらを奏でる楽器の種類も。
連呼するように鏤められた 重なり響き合う 音の厚みを 存分に楽む事が出来ました。


と言う事で 本日 劇場3回目。
何回でも鑑賞に堪え その度新たな面白さを 見つけてしまえる作品。
まぁ 一言で表すと ただ 「好き」って事なんです。。

More
[PR]
by hudousek | 2007-10-06 19:50
Febian Reza Pane  遥かなる旅路



映画「世界はときどき美しい」の中で
心に響く曲に出会いました。

フェビアン・レザ・パネ 作曲・演奏
遥かなる旅路

はじめてじゃないような気がする。
どこかで聴いたのを 忘れきれず まだぼんやり記憶していて。

多分 あの時 桜と響宴して下さったんじゃないかな。
見入りながら 聴き入って この瞬間が 永遠に終わらなければ良いと思っていた。

f0119701_2220522.jpg

[PR]
by hudousek | 2007-09-22 00:21
Utada Hikaru 「Beautiful World / Kiss & Cry」




FREEDOMの次はEVAですか!

あなたの歌う Fly Me To The Moon (In Other Words) 聞く度
完了した物語が思い出されて 仕方なかったんだけれど。笑
一緒になって復活してくれて とってもすっきりしました。
現在進行形で リピート出来るじゃないですか。
10年くらいじゃ 人は大人になれないのですね。。涙
[PR]
by hudousek | 2007-07-16 07:44
Bjork  『Volta』



Volta

音楽に関して”足る”と言う事を唯一知らしめてくれるビョーク。
心の奥深い所に響き
聴いていると 活性と鎮静が同時に行われていきます。。
琴線に触れる音を奏でるアーティストに出会えた事
同じ時代に生きれて
作品を生み出してくれるのを心待ちに出来る事に幸せを感じます。
[PR]
by hudousek | 2007-05-06 01:00
紅枝垂れコンサート 平安神宮
f0119701_2135170.jpg


去年は5分咲でしたが
今年、コンサート2日目の東神苑は1分咲くらいだったでしょうか?
ノルウェーの民族楽器ハルダンゲルヴァイオリンを聴きながら
ほころび始めたばかりの紅枝垂れを眺めた夜。

カメラのバッテリーが切れていて、写真はなしです。。
[PR]
by hudousek | 2007-04-14 22:03 |
iMac G4 丸スピーカー
f0119701_20241819.jpg

大のお気に入りでした。
いままで4年間 本当にありがとう。。

f0119701_20243453.jpg

代わりにやってきたBOSE君
可愛くないのでdeskから降りて頂きましたが 流石に音は良いです。
[PR]
by hudousek | 2007-04-09 19:21
Norah Jones 『Not Too Late』


Not Too Late

Wish I Could ♪♪
Until The End ♪♪
Not My Friend ♪♪
Thinking About You ♪
Broken ♪
Rosie's Lullaby ♪
Not Too Late ♪
[PR]
by hudousek | 2007-01-31 22:01
Rachmaninoff plays Rachmaninoff



Rachmaninoff plays Rachmaninoff

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番・第3番
ラフマニノフのピアノ協奏曲2番が聴きたいというリクエストがあり
ラフマニノフが弾いてるのならあるよって事で、聴き始めたののだけれど
やはり録音の古さがお気に召さなかったのか直ぐに飽きられ
自分だけがハマってしまう羽目に。
違う演奏家が弾いてるの聴いてみたい。
[PR]
by hudousek | 2006-11-20 21:16
Wilhelm Furtwangler BRUCKNER Symphonie No.9 Berliner Philharmoniker



BRUCKNER Symphonie No.9 Berliner Philharmoniker Wilhelm Furtwangler

ブルックナーが聴きたくなって探してると
聴いてみたかったベルリンフィル演奏フルトヴェングラー指揮のが出て来ました。
1944年の録音だったので、わぁ〜古過ぎて音が駄目か
最高に素敵か賭けだな、、と思いつつ再生。最初の音から後者でした。
この後、同じ組み合わせのブルックナー交響曲第7番
1951年録音のも聴いてみました。
交響曲自体は聞き覚えのあるくらいメジャーなものにも関わらず
こちらの演奏は惹かれるものが無くリピートはなし。
[PR]
by hudousek | 2006-11-16 21:11